2018.03.28

その他

ちしきの森のご紹介

小学生のお子様を持つ働くお母さまへ
~お子様の放課後の過ごし方にお悩みではありませんか?~

ちしきの森 〜英語が飛び交う学童保育〜

ちしきの森とは
「学童保育」×「英会話」をテーマに、小学校の授業終了後から保護者がお迎えに来られるまで、お子さんを弊スクールにて安心・安全にお預かりしております。
学童保育の本来の目的である、宿題などの
学習指導、挨拶や友人との人間関係の築き方といった集団生活の手助けをいたします。
それに加えて教師や児童同士の会話を英語で行い、日常生活の中で英語の定着を図ります。
また、英語を「読む」「書く」等の能力は毎日1時間程度のレッスンで伸ばします。
小学校卒業までに中学生3年生のレベルの英語力が身につくよう、カリキュラムを組み立てています。
また、昨年より小樽商科大学様とのインターンシップの提携を開始し、お子さんの宿題や英語の授業を小樽商大の学生さんがフォローいたします。
https://www.facebook.com/chishikinomori/?hc_ref=ARRkeREx2KFRTDEJp44uLjiViNplbVEsUZw7kQDWQ0_tEHm206ILdxJoE788RHP7yMA&fref=nf

また、英会話のレッスンについては
「小手先の授業は行いません」

私たちは
『言葉は歌や劇で覚えられるものではない』
と考えており、すぐに使える英語を日常生活の中で、学んでいただきたいと考えております。
また、講師は外国人だけではなく、英語が堪能な日本人も務めます。
そうすることで、発音や文法、英語に対する姿勢なども、日本語できちんとお伝えすることができると考えております。

このような親御様がご利用されております。
いずれはお子さんに英語を話せるようになってもらいたい方
英語を習わせるにも、送り迎えが大変と考えていた方
学校の学童保育の終了時間が早く不満を抱えていた方
他の学校の友人を作ってほしい方
他の親御さんとのつながりが欲しい方方

今お子さんが英語を習うべき理由
小学校の英語授業開始の早期化
2020年度より小学3年生の授業に『英語』が盛り込まれます。今後ますます英語の成績がお子さんの進路に影響を与えるようになることが予想されます。
また、英語学習の初期の躓きは後々大きな致命傷になる可能性があります。

企業活動のグローバル化
社内公用語が英語である企業や入社・昇進試験で英語能力を測る企業など、英語を重視する企業は増加する一方です。英語ができなければ出世ができないどころか、入社もままなりません。
英語ができるかどうかで将来の年収が変わるというデータもあります。

 

お客様の声

今では家族の英語講師です(笑) by 菊池様
「ちしきの森」で教わった英会話を家では家族に教えてくれます。時には家族の発音を注意するくらいに英会話に親しんでいます(笑)

「ちしきの森」は働く親の味方 by N様
働いていると、子を教室まで連れていくことができないため、習い事(英会話)と預かり学童保育を同時に行ってくれる場所は大変ありがたいと考えております。様々なイベントや他校のお子さんとの交流を楽しんでいます。

ただ”びっくり” by 吉田様
うちの子がこんなに英語がうまくなるなんて本当にびっくりです。

毎日楽しみに登校してます by S様
入会3か月、当初ほかの子についていけるのか心配でしたが、毎日楽しく登校しています。自宅でも今日習ったことを自宅で披露してくれます。

弊スクールで英語が上達したお子さんの動画をご覧ください
https://www.youtube.com/watch?v=FbuOLYPaCIw&list=UUzgrzC1Qh3Q60Z7iV24lJQQ&index=17

インスタグラムのページもございますのでご覧ください。
https://www.instagram.com/chishiki.english/?hl=ja

2017年7月に北海道新聞さんの取材を受け掲載いただきました。
https://www.instagram.com/p/BWfG0NTB6N1/?hl=ja&taken-by=chishiki.english

無料体験入校制度」を御利用下さい。
5日間の無料体験をご利用いただけます。

お申し込みはこちら

Archives

2018

Category